坪単価

お住まいを考えるとき、一番最初に気になるのはお金のことでしょう。
テレビや新聞の折込チラシでは「坪単価○○万円~」とありますが、実際は

  1.建物本体・・・建物本体の金額
  2.追加工事・・・標準仕様からグレードアップした場合
  3.土地代 ・・・新規に土地を購入される場合
  4.付帯費用・・・水道引込や浄化槽など
  5.諸費用 ・・・銀行借入費用や登記費用など
  6.外構工事・・・駐車場や門、植木など
  7.内装費用・・・カーテン、エアコン、照明器具、その他家具など
 
といった金額が必要となります。これらが 総予算 となります
 

マイホームの予算
坪単価

施工床面積は住宅メーカーによって基準が異なります。また、施工床面積が大きいほど坪単価は安く感じます。
上記2.の追加工事はどうでしょう。一般的な住宅メーカーは「まず契約してから内容を・・・」という言葉をよく使います。実は【月締めの成績】という理由があって、会社というより営業マン個人の問題だったりします。
標準仕様を安めに設定しても、気に入った仕様にしようとすれば、おのずと金額が跳ね上がることになります。過不足がない状態でも、50~100万円はアップしてしまうようです。

 

なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

 

それは、納得できるまで打ち合わせをしていない状態で契約 をしてしまうからです。
 


 

そこで未来ホームでは、次にご案内します内容でお打ち合わせを進めさせていただきます。

 


 


 

 

  

メールお問い合わせ