材料費高騰で、家づくりの視点を変えてみる…

TOP > > 呼吸できる家 >
投稿日:2022.07.24

呼吸できる家、設計

工事費を抑える方法

ウッドショックだの材料費の高騰だので工事費は2年前よりかなり上がっています

ここで提案したいのは、家づくりの視点を変えて「建物床面積を小さくしませんか?」という事です。

住宅金融公庫によると全国平均坪数が約38坪とのこと。それを30坪程度にすれば工事費もかなり抑えられます

30坪ほどの住宅でもLDKを18~20帖程度確保することも出来ますし、窓の配置等で開放的にすることは可能です。寝るだけの主寝室、中学高校生の間しか使わない様な子供部屋を小さくしたり、無駄なスペースを省けば良いのです。

お客様への丁寧なヒアリングを大切にします

どういったところが無駄なスペースかということはお客様によって違うので、お客様へのヒアリングが重要となります

そして、面積を抑えて快適な空間を創るのは設計者の腕の見せ所でもあります。

未来ホームでは、お客様にヒアリングを行い丁寧に打ち合わせをして「家づくり」を実現させます。

関連するページ

記事一覧